【良いコンディションを保つための行動!】剪定の基本知識

剪定の重要性を知っておこう!

剪定といえば、庭にある木などをキレイに整えてくれたり、邪魔になった枝を切ったりすることを言います。しかし剪定はそれだけの理由ではなく他にも多くの意味を持っているのです。その剪定の重要性を学んでみませんか?

自分行う・業者に依頼する剪定方法

自分で行う剪定

・コスト軽減できる
・気になったらいつでもできる

業者に依頼する剪定

・専門知識でしっかりキレイに剪定してくれる
・道具を揃えなくても良い

【良いコンディションを保つための行動!】剪定の基本知識

剪定

剪定の意味を最初に知ろう!

上記でも剪定の主なイメージを説明しましたが、実際の剪定はそれだけではなく、木のために行うのが剪定なのです。枯れ葉や枝、生えすぎた葉などを取り除くことで、病害虫から守り、新芽や果実が実りやすくなります。そのため、剪定という作業は木にとってもすごく大事なのです。わかりやすく言うと「木の良いコンディションを保つための作業」です。

剪定

剪定の種類について

剪定には大胆に枝や茎をカットする強剪定、植物の姿をキレイに整えるための弱剪定という2種類になります。方法には強剪定・弱剪定によって異なるため専門知識が必要なのです。

作業員

時期はいつ頃がベスト?

庭木や植物によって異なるため必ずこの時期が良いとは言えません。でも主に2種類の剪定時期があります。夏季と冬季です。夏季は伸びすぎた草木を切り、整える弱剪定が多く、冬季は春の活発に活動する時期に備えて枝や葉っぱを強剪定することが多いです。

剪定を簡単に考えないで!

剪定は専門知識が必要とするため、むやみに切ってしまうと成長に著しく影響を与える可能性もあります。なので剪定する場合は専門業者に依頼することで、木々もイキイキすることでしょう。

広告募集中